お気に入りの写真はアルバムに?それともパソコンに?

デジタルカメラで撮影した写真は整理がポイント

従来のフィルム式カメラはアナログカメラで、現代はデジタルカメラが主流ですね。デジタルカメラの良い所は、フィルムの残り枚数を気にせずにシャッターを切ることが出来る点、気軽に写真を楽しめる、撮影して直ぐに写真を確認出来る、要らなければ消去出来るなどのメリットが在ります。その反面、写真データがどんどん増えてしまうと言うデメリットもあるわけですが、サムネイル表示してくれるツールを利用する事で、この間撮影した写真はどこに在るんだろうかと言った具合に探す手間を省くことが出来ます。

フィルム式カメラで撮影した写真の整理方法

デジタルカメラが主流の現代でも、フィルム式のアナログカメラを使って写真撮影を楽しんでいる人も多くいると言いますが、フィルムは現像を行った後に紙焼きを作る必要が在ります。紙焼きした写真は撮影期間が長くなるほど、枚数が増えてしまう事になります。お勧めの写真の整理法の一つに、紙焼きを作らずに、フィルムスキャナーを利用して電子データにしておく方法があるのです。ネガフィルムをスキャナーにセットすれば後は自動的にデジタルデータに変換してくれるので、パソコン画面で写真を見る事も出来ますし、人にあげたい写真はネガフィルムを写真屋さんに持ち込む事で引き伸ばすことも出来ます。

携帯やスマホなどで撮影した写真データも一括管理

デジタル写真データを整理することが出来るツールは色々なものが在りますが、ツールを利用する場合でも、写真を分類しておくことが後で写真を探す時に役立つのです。例えば、温泉旅行に出かけた時に撮影した写真は、温泉旅行のタイトルを付けてまとめておく、花火大会の時に写真もタイトルを付けておけば、何時撮影したのかを思い出せなくてもタイトルを見る事で写真を探しやすくしてくれるからです。また、花などの植物の写真を撮影する人などの場合は、季節毎に分けておけば写真データを探すときに便利になるなど、工夫を行う事が大切ですね。

フォトブックは店頭で作成依頼を行う他に、完全にインターネットで完結させることも出来ます。子育てで忙しいママさんにとってはネット完結が出来るのはとても便利なサービスと言えます。