知っておきたい屋上緑化のメリットデメリットとは?

屋上緑化って一体なに?

屋上緑化とは、簡単にいうと建物の屋根や屋上に植物を植えて緑化することです。最近になって表れたもののように感じますが、実は建物の屋上や壁面に植物を置くことは、土屋根やツタが絡まる壁といった形で昔から存在しています。屋上緑化を良く見るのは、デパートやショッピングセンターなどの人が集まる場所です。最近ではその建物の目玉スポットとして宣伝しているところもありますね。その他オフィスビルやマンションなどでも行っているところが増えていますし、工夫すれば一般家庭でも可能です。

屋上緑化のメリットとは?

屋上緑化にはいろいろなメリットがありますが、まず挙げられるのが夏の冷却効果です。太陽の光が一番当たって暑くなる場所に植物を植えるので、断熱効果や遮熱効果を得ることができます。更に嬉しい効果は冬にもあります。建物の熱を逃がしにくくなるので、冷えが冷え込むのを防いでくれるんです。これによって冷房、暖房を使う頻度を下げることができ、節電、省エネ効果を得ることができるという訳です。緑を植えることで地球温暖化対策になるという点もメリットです。

気を付けるべきポイントとは?

屋上緑化は素晴らしいシステムですが、同時に気を付けなければいけない点も多くあります。緑地帯を設置したいなら、維持や管理などのメンテナンスに関して予めしっかり知っておくことが肝心です。屋上は日差しが強いため、こまめな水やりはかかせません。人の手による水やりが難しいのであれば、スプリンクラーなどの設備が必要になります。植物の根はコンクリートに簡単に食い込んでいくので、建物の躯体に入り込まないよう、防根対策も必要です。

屋上緑化をすることによって景観の向上が可能となるだけでなく、断熱性向上による建物の温度上昇を防ぐこともできます。