きちんとメンテすれば長持ち!機械式時計の手入れの内容

機械式の腕時計のベルトの手入れは大切

機械式時計はデリケートな面があるため、長持ちさせるにはきちんと手入れを行う心掛けが大切です。腕時計の場合、ベルト部分は汚れる傾向にあり定期的に汚れは落とした方がいいですね。機械式の腕時計のベルトは本革素材のものやあるいは金属製の素材があります。それぞれの素材に合わせた手入れを行わなければなりません。また長年使用してきた機械式時計のベルトが傷んでいるようであれば、定期的に交換する事も手入れでは大切ですね。

部品交換など機械式時計の内部の手入れ

精巧な機械部品を持つ機械式時計は、長年使っていると部品が次第に消耗します。そのため時間が頻繁に遅れるようになったら、部品交換が必要かもしれません。機械式時計の内部の手入れは職人でなければ行う事ができないため、メーカーの修理窓口かあるいは機械式時計の修理メンテナンスを行っている職人に手入れを任せると上手くいくでしょう。いつでも修理が任せられる職人を決めておくと、機械式時計の手入れはずいぶんはかどりますよ。

ゼンマイを巻く手入れが必要なタイプの機械式時計

手動のゼンマイ式の機械式時計の場合、定期的にゼンマイを巻く手入れが必要です。もし時計を使わない場合でも、放置して手入れを怠るよりは定期的にゼンマイをまいた方がいいですね。ただし手動式のゼンマイは巻きすぎると故障の原因になりかねません。そのため適度な回数を巻く事が手入れのポイントです。また機械式時計の中には自動式のゼンマイ式もあり、この場合ゼンマイを巻く手間は掛かりません。ただし長期保管の場合、定期的に身に付けてゼンマイを巻く手入れが必要でしょう。

グランドセイコーは日本の腕時計メーカーです。日本の国内で生産から組み立てを行っています。世界でも高い評価を得ています。